サルコペニアを引き起こす原因は複数報告されています。その中でも加齢など、それを完全に予防することができない要因は別として、特に日常生活で改善可能な原因については、①運動不足(不活動)と、②栄養不足が挙げられます。

 

今日はまず①の運動不足(不活動)についてご紹介します。

宇宙飛行:宇宙飛行士は、宇宙での無重力の状態に長くさらされるため、その結果として筋肉が宇宙飛行中に激減してしまうことはよく知られています。そのため、彼らは宇宙飛行中においても筋トレや自転車運動などを実施し、筋量・骨量や体力の維持に努めています。

寝たきり:地上での極端な運動不足状態は「ねたきり」です。ベッドでの寝たきり状態になると、下肢の筋肉は通常の歩行動作などの加重が無くなるので、高齢者の場合、たった10日間で1キロの筋肉(*) が減少してしまいます。

これは大きな病気やケガによる入院に限らず、風邪などで自宅で療養している状態も活動量が極端に減少するので、筋肉量は減少してしまいます。

なぜこんなに筋肉は急に減ってしまうのでしょうか?

不活動は筋肉にとって最も最悪の状況を作り出します。運動せずに筋肉を使わないと体は筋肉が必要ない組織であると判断し、筋肉量を維持するために必要な筋タンパク質の合成が低下してしまいます。その結果、不活動は筋肉量の低下を引き起こします。

運動不足:仕事場で長時間座ったままのオフィスワークや、自宅でソファーに寝転がって長時間テレビを見ている状態も不活動にあたります。健康であっても加齢に伴い筋肉量が少しずつ減少する原因の一つが運動不足であることが指摘されています。寝たきりの状態ほどのペースで筋肉量は減少しませんが、活動的な生活と比較すると、筋肉量の減少は大きくなります。

 

日頃健康であっても、たまに風邪を引いたり病気をして寝込むことがあると、それが原因で少しずつ筋量が減少していきます。特に高齢期においては、そういった数日間の寝たきり状態や運動不足が続くと、サルコペニアに繋がる恐れがあります。ちなみに、運動不足は死因のトップ4に入る要因です。

不活動による筋肉量の減少を防ぐためには、運動(特に筋トレ)の実施が必要です。

今後、このブログでは具体的な運動方法についても紹介していく予定です。

 

*レジスタンス運動(筋トレ)で増加できる脚の筋肉量が3か月で平均1キロ程度なので、その苦労がたったの10日間で消滅してしまうことになります。若年者の不活動による筋量の減少は高齢者と比較して約3分の1程度ですが、不活動による筋量の減少は年齢に関係なく観察されます。

参考文献:English, KL and Paddon-Jones, D. Curr Opin Clin Nutr Metab Care. 13(1): 34–39, 2010.